脱毛サロンとクリニックの施術の違い

脱毛サロンとクリニックの施術の違いとは

脱毛サロンとクリニックの施術の違い 脱毛サロンとクリニックでの施術の違いは、主に脱毛に使われる機器の出力にあります。
脱毛サロンは医療機関ではないため、安全性の高い光脱毛機器を使った施術が多く見られます。
クリニックで主に用いられる医療用レーザーと仕組みは同じで、皮膚の表面に光を照射することで、肌の奥の毛根に熱エネルギーを集め、毛を生育する細胞そのものにダメージを与えます。
肌質などによっては、熱エネルギーで火傷などの症状が出ることがあります。
医療従事者がいるクリニックが出力が高めの機器を使用できるのは、すぐに適切な対処を行えるからです。
脱毛サロンは脱毛効果がマイルドなものの、皮膚への負担が少ないのが特徴です。
美肌効果があるタイプなど、付加価値を期待できるのも脱毛サロンの施術の魅力と言えます。
また、常に医者や看護師などは常駐していませんが、医療機関と提携しているサロンが多く、もしも皮膚にトラブルが生じても迅速に対応できる仕組みです。

脱毛サロンとクリニック(医療脱毛)の違いとは?

脱毛サロンとクリニック(医療脱毛)の違いとは? 脱毛サロンとクリニックの違いの根本的なところは、それが医療施術かどうかといったところに尽きます。
例えば脱毛サロンではワックスにムダ毛を付着させてそれを勢いよく引き抜く施術や、あるいは特殊なジェルを毛穴から浸透させて毛根に直接触れることでダメージを与える施術や、さらにはフラッシュやレーザーを使った施術が存在します。
これらはすべて医療施術ではないので、クリニックほどの高い脱毛効果を得ることはできません。
その代わりに手頃な料金で、様々な肌コンディションやニーズに沿った施術を選択することが可能です。
一方のクリニックは医師の手による医療施術であることから、例えば医療レーザー脱毛であってもその出力が極めて高く設定されます。
医師の目が及ぶことからその出力で照射することが許されているのです。
そのため毛根へのダメージ効果も高くなり、一度照射するだけでもかなりの脱毛効果を得ることができます。
また、クリニックでは万が一にも肌トラブルに陥った時にすぐに医師が診療、診察、治療を行うことができるメリットもあります。
ただし、その分、医療施術であることから費用は高額となりますので、脱毛サロンに比べると財布へのダメージ大きなものとなるのは確かです。

新着情報

◎2018/10/18

利用できる年齢制限があるのか
の情報を更新しました。

◎2017/11/27

前日に行なう準備
の情報を更新しました。

◎2017/7/31

ワキ脱毛って痛いの?
の情報を更新しました。

◎2017/5/26

それぞれのメリット・デメリット
の情報を更新しました。

「脱毛 皮膚」
に関連するツイート
Twitter

脂漏性脱毛症は病院で皮膚炎と判断されると保険適法となります。脂っぽくてもシャンプーのしすぎは悪化させます。

Twitter女性の薄毛対策・小技bot@BotTatsu44

返信 リツイート 14:26

返信先:@kudoicat 皮膚柔らかく〜は言われた。頑張ったんだが毛が強く肌が弱かった😰 村を焼かれた仇のようにほじくってしまうからやめる😖😖😖 体毛の煩わしさ考えたらやはり皮膚も弱いから医療脱毛探して検討するわ!

Twitter通勤時間の短縮を強く求む@amacos_r

返信 リツイート 13:08

返信先:@miiiu3737 はい😊通ってる皮膚科に脱毛があったので通ってました🧡

返信先:@sakanatabetai7 そうなんですね!現役で働いてる方のお話めっちゃ参考になります!😂 やっぱりオペあると大変でしょうか......?大学同期も🦍に転職するんですが脱毛だけだとめっちゃ負担は減りそうな気がして......脱毛オンリーか美容皮膚科で探せればなぁと思ってます

返信先:@zakikozakizaki 無毛になっちゃうじゃん🤣 ええなぁいろんなとこまで脱毛ええなぁ 襟足までできるなんて! エステとかじゃなく皮膚科でレーザー? なんだよね?

脱毛して乾燥でめちゃくちゃ肌荒れして皮膚科行って治してそれがちゃんと治る頃には次の脱毛日が来るっていう無限スパイラルなかなか虚しいものがあるな

* PUVA療法の適応「プールバーに監禁され後は漱石の毛が白くなる」(尋常性乾癬、菌状息肉症、アトピー性皮膚炎、掌蹠膿疱症、円形脱毛症、尋常性白斑) * 国家資格でないもの「包茎絶倫」(訪問介護員ホームヘルパー、介護支援専門員ケアマネージャー、医療ソーシャルワーカー、臨床心理士)

Twitter医師国家試験対策-語呂BOT@kokushitaisakub

返信 リツイート 8:22

脂漏性脱毛症でフケや脂、菌などによる頭皮の炎症が重い場合は、皮膚科の先生に相談しましょう。

Twitter女性の薄毛対策@zyoseinousuge

返信 リツイート 3:12

「ベタメタゾン吉草酸エステル」は副腎皮質ステロイド(強力)で、湿疹・皮膚炎・虫刺され・慢性円板状エリテマトーデス・円形脱毛症・熱傷・痔核・乾癬などに用いる。副作用は眼圧亢進・緑内障・過敏症など。商品名はベトネベート(軟膏・クリーム)リンデロンV(軟膏・クリーム・ローション)など。

冬の乾燥のせいか、薬の副作用で脱毛したところが皮膚過敏になっているせいか、NGT48の事件のせいか、体がかゆい 勘弁してくれ 夜になると乾燥をすごく感じる